カラスのぬりえ

カラスは、カラスやカケスなどの近縁種の大型鳥類である。知能が高く、盗癖があることで知られている。カラスは世界各地に生息し、さまざまな生息環境に適応できるため、森林、砂漠、山岳地帯、さらには人間の住む地域にもしばしば生息している。雑食性で、腐肉、小動物、昆虫、果物、卵、穀物など、さまざまなものを食べる。複雑な社会行動をとり、生涯にわたって交尾することができる。

レイヴンのカラーリングページとトリビア

すでに述べたように、カラスは非常に賢く、言葉を話し、人の顔や物を認識し、道具を使うように訓練することができる。私たちが特別に用意したこのコーナーからカラスのいる塗り絵を選べば、納得してもらえるはずです。記憶力に優れ、何年経っても出会った他のカラスを記憶し、認識することが知られている。また、さまざまな呼びかけやボディランゲージでコミュニケーションをとり、遊びの行動もします。また、カラスは集団で移動、採食、睡眠を行う同調行動が見られる。

カラスは、世界中の多くの文化圏で霊的な意味を持つと考えられており、しばしば死を連想させる存在として捉えられています。ネイティブアメリカンの神話では、カラスは世界を導き、形作るのを助けるトリックスターとされています。北欧の民間伝承では、カラスは神の使いとされ、ケルト神話では予言の象徴とされる。また、アーサー王物語やエドガー・アラン・ポーの「大鴉」など、多くの文学作品にもカラスが登場する。